肥満を卒業するには

肥満体系で得した~なんて話はまったく聞きませんし、むしろ不快な思いをしたというお話を聞く事の方が圧倒的に多いです。そんなデメリットしかないのが肥満なのです。そんな肥満、卒業したくないですか?

2016年11月の記事一覧

不妊解決には肥満対策、過度な食事制限にも注意

肥満は体型や健康面を害すだけでなく、不妊の原因にも繋がります。
肥満により内臓脂肪が増えることで、脂肪細胞から分泌されるアディポネクチンというタンパク質が減少してしまいます。アディポネクチンが減少することで動脈硬化を引き起こすだけでなく、卵巣の皮が厚くなって、卵子がうまく育たなかったり排卵しにくくなってしまいます。
他には血液の巡りが悪くなり、身体が冷えやすくなる事、生理周期の乱れなどにより妊娠しにくくなります。
肥満解消するにはダイエットを行う必要があります。
女性であれば一回はダイエットをしたことがあると思います。
過剰なダイエットは逆に不妊の原因になるので注意が必要です。
絶食や過度な食事制限をすると体が飢餓状態ととらえ、栄養不足に陥った子宮や卵巣などの妊娠機能を停止してしまいます。
ダイエットを行う場合には急激に体重を落とすのではなく、ゆっくり体重を落とす必要があります。3ヶ月以内に5kg以上痩せると、ホルモンに異常が起きて不妊の原因になる場合があります。焦らず体重を落とすように心掛けましょう。
健康的に痩せるには間食を止めること、炭水化物、肉類、魚類、野菜、海藻、豆類をバランスよく摂取する事、満腹ではなく腹8分目にする事、運動をする事が大切です。
揚げ物や塩分、ファーストフード、お菓子や甘い飲みものは極力控えるようにしましょう。
普段から運動をしていない人の場合には激しい運動は逆に体へ負担を与える場合があります。一定期間は激しい運度は避けてストレッチやウォーキングなどを行うだけで十分です。毎日継続することが大切です。
ストレスや睡眠不足、喫煙なども不妊の原因に繋がりますので、ダイエット以外でも規則正しい生活を心掛けることも重要です。

続きを読む