肥満を卒業するには

肥満体系で得した~なんて話はまったく聞きませんし、むしろ不快な思いをしたというお話を聞く事の方が圧倒的に多いです。そんなデメリットしかないのが肥満なのです。そんな肥満、卒業したくないですか?

2017年02月の記事一覧

肥満解消は足つぼを刺激するだけでは失敗する

肥満をどうにかして解消したいという方は多いと思います。太っている方は暑がりというイメージがあると思いますが、実際に脂肪が多い部分を触ってみると冷えています。血行を良くすることで温かくなり脂肪が溶けていきます。血行を促進させる方法の一つが足つぼを刺激することです。ただ足裏を押したり、竹踏みをするだけでは失敗します。
では、どのようにすれば良いのでしょうか。それは、第二の心臓と呼ばれるふくらはぎを活性化させることです。ふくらはぎにはポンプの役割があり足の方に溜まった血液やリンパを流してくれます。そのふくらはぎの筋肉のは足の裏まで伸びています。足の裏は全身の重さを支えているため、頑張りすぎて硬くなってしまいます。足の裏、特に土踏まずにはつぼがたくさんあるので、土踏まずを中心に刺激をします。すると、足が軽くなり、ふくらはぎのポンプがしっかり機能し、足が細くなり、身体も温かくなり脂肪が溶けていきます。
更に、筋肉をつけることで体温は更に上がり、脂肪が燃やされていき、免疫も上がっていきます。身体を鍛えてムキムキな方は風邪を引かず、体温も37度くらいあるのです。
また、足つぼは足の裏を想像しますが、足の甲や足首にもつぼはあります。足の甲の、親指と人差し指の間には血行を促す効果があるつぼがあります。月経痛や婦人科疾患にも使われる万能つぼです。足の内側のくるぶしまわりからかかとにかけても、免疫をあげるつぼがあります。マッサージするように押して下さい。
ダイエットを失敗しない方法は、毎日足つぼを刺激することに加えて、筋肉をつける、筋肉を動かすことです。そして、なるべく身体を冷やさないように冷たいものより、温かいものを取り入れて下さいね。

続きを読む